動物介護士とはどんなお仕事?

動物介護士(ペット介護士)という仕事がある事をご存じでしょうか?

 

動物介護士

近年のペットブームもあり、年々と需要が高まってくるであろう仕事の一つ。主に動物介護士が活躍する場所というのは

 

老犬ホーム

 

ペットホテル

 

ペットシッター

 

動物病院

 

などのようです。

 

動物介護士(ペット介護士)とは?

動物介護士 猫

動物介護士というのは、簡単に言ってしまえばペットの介護をするお仕事。人は歳をとってきて体が衰えてきてしまうと、どうしても人の介護が必要になりますよね。これは動物だって同じなのです。

 

動物も人間と同じように(同じようにというと語弊があるかもしれませんが)歳をとるごとに体が衰えていき、それまで自分で行えていた当たり前の行動、散歩・食事、日常のありとあらゆる行動に介護が必要になることがあります。この動物の介護をするのが、動物介護士(ペット介護士)というお仕事

 

動物看護士との違いは?

動物看護士

看護士は病気の治療のサポートなどをしますが、介護士は老犬や老猫のケアのスペシャリストという事です。また現時点では動物介護士というものは国家資格ではありません。民間の複数の団体などが資格を設け、それを認定しています。

 

様々な団体が通信講座などを開いているので、取得したい場合は受講し、勉強する必要があります。

動物の老化についてや、老猫、老犬の食餌や排泄の介助なども学ぶことが出来ます。

 

動物介護士の資格を取得する方法

 

動物介護士 資料請求

それぞれ受講する講座によって異なります。おおむね3〜5か月のカリキュラムを修了し、その後に認定試験を受けて合格すればよいという事になります。しかし、需要が高まっていることもあり、一部では国家資格にするべきだという動きもあるようです。

 

今はまだ認知度の低い仕事ですが、ペットの高齢化に伴い、だんだんと必要とされてくる可能性のある仕事

 

>>>動物介護士の資格取得ならまず無料の一括比較

 

どんな場所で役に立つのか?

 

動物病院

動物介護士が活躍できる場所はいくつかあります。

動物病院、ペットサロン、老犬・老猫ホーム、デイサービス、訪問サービスなどがあります。

以前は動物病院やペットサロンなどが動物介護士の活躍の場所としては一般的でしたが、最近ではペットのデイサービスや訪問介護といったサービスも普及し始めてきたため、それに伴って少しずつ動物介護士の活躍の場が広がってきました。

動物介護士の需要

 

動物介護士の需要はあるのか?というお話ですが、需要はこれから増えていくものだと考えられます。ここ数年ペットの需要は減少傾向にあります。ペットとして最も多く飼われている犬と猫。

 

一般社団法人ペットフード協会の調査によると

 

犬と猫

犬はここ数年でみると2008年が飼育頭数が一番多く、約1300万頭これをピークに徐々に飼育頭数は減少しています。猫は同じように2008年時点で1150万頭近かった数が一度減少し2010年あたりから横ばいの数字になっています。

 

飼育頭数が減ったということは、動物介護士の需要も減ると考える方もいらっしゃるかもしれません。しかし、ここ最近では動物医療の発達に伴いペットの寿命が以前より伸びているのです。寿命が延びるということはそれだけ、介護が必要になる動物が増えるということです。

 

このようにペットの高齢化にともなって動物介護士の需要が増えてきているのです。

 

動物介護士になるためには?

動物介護士になるために資格取得

 

まず動物介護士になるための一般的な方法として資格取得があります。念のため説明しておきますが、動物介護士になるためには資格が必ず必要というわけではありません。

美容師になるためには美容師の国家資格が必ず必要になります

看護師になるためには、看護師の国家資格が必ず必要になります

しかし動物介護士の場合

 

ペット介護士

動物介護士の「国家資格」というものは存在しません。動物介護士に関する資格はいくつかあるのですが、そのすべてが「民間資格」となります。つまり動物介護士になるために資格は必ず必要になるものではないのです。

 

就職先を見つけて雇ってもらい経験を積めば動物介護士として働くことができるのですが、就職の面接をする時に資格がある人とない人では採用側はどちらを選ぶでしょうか?こういう点から、動物介護士になるためには関連する資格を取得して就職をする形が一般的となっています。

 

資格取得する方法

ペット介護士の資格取得する最も一般的な方法としては

動物介護士の資格取得@スクールに通う

 

動物介護士の資格取得A通信講座を受講

 

があります。スクールに通う場合通信講座と比べると費用が多くかかってしまいますが、講師の方に分からない点をその場で質問できたり、実際に実技を通して必要なことを学ぶ事ができます

 

通信講座の場合

 

通信講座

資格取得にかかる費用を安くすませることができます。ある程度自分のペースで資格を取得することができるので働いている方や主婦の方などに人気

 

動物介護士にはどのくらいの費用が?

動物介護士の資格費用

民間のスクールの費用

 

専門学校で学ぶ場合は20万〜100万くらいの費用がかかります

 

通信講座の費用

 

4万円から9万円程度とかなり安い

 

資格取得の為のスクール、通信講座を探す方法

スクールや通信講座は本当にたくさん存在します。一つ・一つスクールや通信講座を探していてはいくら時間があっても足りません。

 

ブラッシュ学び

スクールや通信講座を探す時は「ブラッシュ学び」というサイトを使うといいでしょう。

 

ここでは全国の動物介護士に関する資格を取得することができるスクールや通信講座を一括で調べることができます。また気になるスクールや通信講座があれば、無料で資料を請求することもでき、さらに詳しい情報を知ることができます。

 

まずは無料の資料請求で情報収集

動物介護士 資料請求

 

ヒューマンアカデミー通信講座の動物介護士講座

動物介護士 通信講座

規定の課程を修了すると
小動物介護士

 

小動物看護師

 

ドッグシッター

 

の3つの資格を取得できるのが魅力

 

週3回1日2時間学習すれば、約4ヶ月で学べる内容で、動物介護の専門知識と実技で短時間で習得できます。動物介護学を基本とした動物介護とトレーニング学を含むテキストとDVD資料で、通学とそん色なく学ぶことができます。

 

希望者には現場に近い実技研修を受けることもでき、即戦力としての実力を身につけることが可能です。またヒューマンアカデミー通信講座の修了生なら、ペット用品専門店「アミリスプロ」から10%割引で商品を購入できるのもお得

 

ブラッシュUP学びでまず資料請求

動物介護士 費用

動物介護士に関する資格は「民間資格」となっています。そのため動物介護士に関する資格の種類は多く、一概に「動物介護士に関する資格取得にはこれくらいの費用がかかる!」ということは言えません。

 

今回はいくつか資格を取得できる講座(ブラッシュUP学びに掲載されているもの)の費用と期間をご紹介

 

今回紹介したことでお分かりいただけるように、取得にかかる費用や期間は本当に講座ごとに様々です。紹介した講座は「ブラッシュUP学び」というサイトに掲載されているものです。

 

ブラッシュUP学びでは

 

全国の通学、通信講座を調べることができ、また無料で資料請求をすることもできるので、講座選びの際にはぜひ使ってみてください。

 

動物介護士になる一般的な方法は資格を取得して、就職をするというものです。自分にあったスクールや通信講座を探して、動物介護士への第一歩を踏み出してみましょう。

 

>>>動物介護士の講座の資料請求はこちら